大阪市中央区島之内の社会保険労務士事務所

ホットな「裁量労働制」について、どう考えますか?

ホットな「裁量労働制」について、どう考えますか?

このところ連日「裁量労働制」という言葉を耳にする。

国会や経営者からも、いろんな意見が出ているが、私見としては大筋のところで「裁量労働制の適用拡大」「脱時間給」に賛成だ。実は自分も一時期、「結果がすべて」という仕事をしたことがあり、どう考えてもこれを時間を基準として支払うのはおかしい、と感じていた。

もちろん、労働者の健康第一で、健康や労働時間には配慮する措置をとるべきだし、裁量労働がふさわしい業務であっても、新人や若手にまで適用すべきではないだろう。

また、出ている意見の多くは、会社や経営者の在り方についてだけど、労働者も在り方や意識を変えていくべきだと思う。実際、私が会社員だった頃、残業、休日労働の多い人というのは決まっていた。そこまで特定の人にいつも仕事が集中するとは思えないし、実際に集中しているのであれば、管理職がもつと配慮すべきだ。

労働基準法第1条にも、「労働関係の当事者は、・・・(略)労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない」とある。労働者の皆さんは、どう考えますか?

コメント


認証コード3959

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional