大阪市中央区島之内の社会保険労務士事務所

雇用調整助成金のポイント

雇用調整助成金のポイント

1.社員に休業してもらう場合は、休業手当の支払いが必要です。
2.休業手当は平均賃金の60%以上支払わなければなりません。
3.平均賃金は、これを算定すべき事由の発生した日の前日からさかのぼる3カ月間に、その社員に対して支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいいます。
4.前年度の労働保険料申告書の賃金総額から算出して、1日あたりの、その会社の平均の日額を基準に上限8330円の助成金が支給されます。
5.助成金は休業延べ日数で支給され、正社員やアルバイトどなたに休業してもらっても1日あたりの支給額は同じです。
6.助成金申請には、就業規則、労働条件通知書、労働署名簿などの提出が必要です。(ふだんの労務管理がきちんとできていれば、大丈夫です)

コメント


認証コード0051

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional